【レビュー】骨伝導イヤホンShokzが最高だった!

5.0
Shokz OpenRun Mini 商品レビュー

今回新しく購入した骨伝導イヤホンShokzは、音のクリアさや電池持ちが最高だったのでご紹介します!

骨伝導イヤホンとは?

文字通り、骨を伝わって音が聞こえるイヤホンです。

私は普段1日の半分以上イヤホンをつけていることが多いので、耳をふさがないイヤホンのほうが衛生的で、鼓膜にも負担がかからないということで購入しました。

音を振動で伝えるため、イヤホンのそばではシャカシャカとした音が聞こえます。10cmくらい離れると何も聞こえません。

Shokzとは?

2011年にアメリカで誕生したメーカーです。骨伝導イヤホンを中心に、オープンイヤー型イヤホンを販売しています。

今回は、スポーツ向けモデルのOpenRun Miniを購入しました!

利用シーンごとのShokzの使い心地

室内で動画を見る

動画を見るには十分な音質、音量があります。

一般的なワイヤレスイヤホンと同様に、再生・停止や音量ボタンが手元でできるのも便利です。

室内で通話する

通話に使おうとすると、音声を拾うには不利かと思いました。

というのも、マイクが付いている本体が振動しているため、その振動も拾ってしまうのです。

通話メインで使いたい場合は、マイクが独立しているOpenCommモデルをおすすめします。

外を歩きながら音楽を聞く

骨伝導イヤホンは当然密閉性が皆無のため、外で音を聞くのは難しくなりがちです。

交通量の多い通り沿いを歩いていると、室内と同じ音量では何も聞こえませんでしたが、音量をかなり大きくすると音は聞こえました。

音楽を本格的に楽しむのは厳しいと思いますが、ラジオなど音声を聞くには十分です。

電車の中で音楽を聞く

電車内は大通り沿いと比べると少し静かな環境なので、音量が大きい状態では問題なく聞こえていました。

音量が大きい分、振動も大きくなっているため、人と人の間隔が近い満員電車だと隣の人にはシャカシャカという音が聞こえてしまうかもしれません。

Shokzの良かったところ

着用感がいい

メガネをかけている上にShokzをかけているのですが、全く痛くなりません。さらにマスクを付けても問題ありません。

つけていることを忘れるくらい自然な感じなので、長時間つける人にもおすすめできます。

音がクリアに伝わる

音量も思っている以上に大きくなりますが、そこまで大きくしなくても普通に聞こえるのでとても良いです。

以前に購入した骨伝導イヤホンは全体的にシャカシャカしたような音で、あまり満足のいくものではありませんでしたが、Shokzは骨伝導でも普通のワイヤレスイヤホンに近い音質が出せているため、素直に驚きました。

電池持ちがいい

これまで使ってきたどのワイヤレスイヤホンよりも、かなり電池持ちが良い印象を受けました。

フル充電の状態から16時間は連続稼働できています。

使っているうちにバッテリーが劣化していくため、そのうち短くなっていくと思いますが、最初の状態でこれだけ電池持ちが良いのは嬉しい点です。

Bluetooth接続が強い

いくつかワイヤレスイヤホンを使っているのですが、どのイヤホンもパソコンから少し離れたところで再生状況が断続的になってしまうことがよくありました。

家の構造的に電波を遮断しやすいようで、ブツブツと途切れてしまうのですが、Shokzを使っていて一度もこの現象に遭遇しておらず、受信機能の強さを感じています。

Shokzのイマイチなところ

正直、かなり満足度が高いので欠点らしき欠点は見当たらないのですが、強いて言うなら以下のような点がありました。

寝ながら使えない

後頭部のケーブルにある程度の硬さがあるため、イヤホンをつけたまま寝そべると、イヤホンが浮いてしまいます。

骨伝導のためイヤホンが浮いてしまうと音があまり聞こえず、寝ながら使うのは厳しそうです。

購入時の注意点

必ずサイズを測る

OpenRunには、標準サイズとミニサイズの2つがあり、後頭部のケーブルの長さが異なります。

日本人の頭の大きさはミニサイズのほうが合うというレビューが多く見られますが、ご自身で計測するのが安心です。

サイズの計測方法は、商品ページの「サイズガイド」をご覧ください。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました