ブルースクリーンWdf01000.sysの原因と対策

windows pc その他

新しいPCを購入してしばらくすると、スリープ状態から復帰したときに高頻度でブルースクリーンが発生するようになりました。

数ヶ月の間、悩んでいたのですが、とうとう原因がわかったのでメモしておきます。

ブルースクリーンのエラー発生元

ブルースクリーンが表示されると、どのファイルが原因でエラーが発生したか表示されます。

そのときによってエラーが発生しているファイルやコードが異なっているときがありましたが、観測した限りでは以下のファイルやコードで問題が発生しているようでした。

  • Wdf01000.sys
  • USBXHCI.sys
  • kernel heap mode corruption

まず試したこと

ネットの情報によれば、上記のようなエラーが発生している場合、以下の対策があるようです。

  • Windows Update
  • デバイスドライバの更新
  • コンピュータウィルスのチェック
  • 問題が発生しているソフトウェアの再インストール

これらの対策をして再起動しても、ブルースクリーンが出る状態は変わりませんでした。

ちなみに、他にも以下の対策が有効とのことです。

  • ディスクエラーの修復
  • システムファイルの修復 など

解決したと思われたが…

OSのバージョンもドライバのバージョンも最新で、原因がわからなかったのですが、kernel heap mode corruptionという表示から一つ思い当たる節がありました。

私はGALLERIAのタワーPCを使っているのですが、もともと内蔵されていたメモリ8GBx2に加えて、他のPCで使っていたメモリ8GBx2を追加していました。

メモリを追加して普通に使えていましたが、もしかしたらこれが原因かと思って抜いてみると、ブルースクリーンが表示されることはなくなりました。

最終的な原因

メモリを抜いてからしばらくブルースクリーンは発生していませんでしたが、先日また発生。

メモリじゃなかったのか…と思いながら使っていると、モニターに接続しているUSBスピーカーが認識していないことに気づきました。

モニターのUSBポートに挿し直しても認識しなかったのですが、パソコンのUSBポートでは認識するため、もしやこれが本当の原因では?と思い至りました。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました