【GooglePay】三井住友カードVisaタッチ決済が使えない?

making a payment with a debit cardその他
Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

Androidスマホでは、Visaタッチ決済に対応している三井住友カードSMBCカードGoogle Payに登録すると、クレジットカードを持っていなくてもスマホでVisaタッチ決済が利用できるようになります!

三井住友カードはiD決済にも対応していて、Visaタッチ決済とiDで別々に登録することもできます。

しかし、いざコンビニやスーパーでVisaタッチ決済を利用しようとすると、エラーが出てしまうことがあります。

Visaタッチ決済とは?

Visaタッチ決済に対応しているクレジットカードは、店頭で「Visaで!」と伝えると、カードをかざすだけで決済ができる機能をもっています。

暗証番号を入力する必要がなく、一瞬で決済できるのでとても便利なサービスです。

最近のスマホはほとんどがおサイフケータイのような非接触決済に対応していて、Visaタッチ決済対応のクレジットカードをスマホに登録すれば、カードの代わりにスマホをかざすだけでクレジットカード決済ができます。

Visaタッチ決済とiDの違い

Visaタッチ決済はVisaカードが提供している機能ですが、三井住友カードはiDという決済サービスにも対応しています。

Visaタッチ決済とiDの大きな違いは、通信方法にあります。

Visaタッチ決済は大手クレジットカード企業が開発した非接触決済で、iDはソニーが開発したFelicaという方式を用いた決済サービスです。

Visaタッチ決済が使えない理由

AndroidスマホでVisaタッチ決済が使えるようにするには、クレジットカードの登録が必要になります。

クレジットカードの登録は、三井住友カードのアプリである「Vpass」から行います。

Vpassアプリを開くと「Google Pay の設定」というボタンが表示されるので、そこからクレジットカードを登録することでGoogle PayアプリからVisaタッチ決済を利用できるようになります。

注意点として、Google Payアプリを開いてクレジットカードを登録しようとすると、iDとして登録されてしまうため、Vpassアプリから登録する必要があります

また、Visaタッチ決済は画面ロックを解除しなければ利用できない点も気をつけなければなりません。

iDは画面ロックを解除せずにレジや決済端末にかざせば利用できますが、Visaタッチ決済は画面ロックを解除して決済端末にかざすことで初めて決済できます。

私は画面ロックを解除しなければならないことに気づかず、クレジットカードの登録がうまくいってないのでは?と思っていました。

Google Payアプリで「コンタクトレス」としてクレジットカードが登録されていれば問題ありません!

スマホでVisaタッチ決済とiDを使い分ける方法

先ほど説明したように、Visaタッチ決済とiDは異なる方式を利用した決済サービスです。

そのため、スマホにはVisaタッチ決済とiDの両方を登録することができます

Google PayアプリにはVisaタッチ決済である「コンタクトレス」とiDが登録でき、画面ロックを解除せずに決済するとiDでの決済、画面ロックを解除して決済するとVisaタッチ決済が利用できます。

お店によっては片方の決済方法にしか対応していないこともありますが、このように二種類の決済方法を使い分けることができるので、両方とも登録しておくのがオススメです!

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました