Adobe AIRの応急処置的なインストール方法

パソコン

Adobe社のサポート終了に伴ってAdobe AIRランタイムのインストールページがなくなってしまったので、他の方法でインストールを試みました。

こんにちは、makotoです!

2020年末でとうとう対応終了したAdobe Flash Playerで動いていたアプリケーションは、Flash Playerがサポート終了した今でもAdobe AIRを利用してパソコンやスマホ上で動かすことができます。

そのために必要なAdobe AIRランタイムのインストーラはAdobeのホームページからダウンロードできたのですが、サポート切れのタイミングでホームページでの公開も終了してしまいました。

サポート体制

Flash Player関連の技術はAdobe社からSamsung傘下のHARMAN社へ移行されており、今後の開発や提供はHARMANから行われることになっています。

Flash Playerのブラウザ対応は終了しましたが、Adobe AIRを利用したパソコン向け、スマホ向けアプリの開発に利用できるため、引き続き開発が続けられていく予定です。

Adobe社が最後にリリースしたバージョンは32でしたが、2019年中に移行されて既にHARMANからバージョン33がリリースされています。

しかし、Adobe AIR SDK(開発用キット)はあるものの、ランタイムのインストーラは見つかりませんでした。

Adobe AIR SDKの中にランタイムも入っているのですが、インストーラと比較するとファイルが不足しており、パスを通しても動きませんでした。

Adobe AIRのインストール

Adobe AIRに対応したアプリを動かすために必要なのはSDKではなくランタイムと呼ばれるソフトウェアです。

正式版の公開は終了しましたが、今のところはベータ版のインストーラは消されずに残っています。

Download Adobe AIR 32 Beta – Adobe Labs

Adobe社から最後にリリースされたバージョン32のベータ版なので不具合などが発生する可能性はあります。また、現在は開発されていないので脆弱性があっても対応はありません。(自己責任で

最後に

応急処置的な方法ではありますが、ベータ版をインストールすることで一応Adobe AIRを利用できることがわかりました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました